イエスの苦悩とマグダラのマリア

霊的真理への理解が深まり、少しずつ愛を表現できるようになってくると、取り巻きが増えてくるのとは裏腹に、内面的には孤高になってしまう時期があります。

「真に理解してくれる人は何と少ないことか」と。

しかしながらあのナザレのイエスでさえも、その人間としての生涯の中で、すぐ近くにいる弟子たちですら自分を理解してくれない、と嘆いたのです。

イエスの苦悩は、神的存在になるために必要な試練でした。

唯一マグダラのマリアだけが、イエスの苦悩の理解者でした。

彼女の存在自体がイエスの心の癒しであったのです。

あなたにもすぐ近くに理解者がいるのではありませんか?

あなたは幸せ者ですよ、感謝しましょう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です