パワースポット?

お盆休みを利用して高野山を訪ねてみました。
特別な信仰心からというわけではなく、単に空海が開いた聖地をこの目で見、実際に肌で感じてみたかったからです。

標高900メートルにある高野山は山中に突如現れる「街」でした。
また人口約4千人の町に、年間2百万人が訪れるという観光地でもありました。

空海がこの山に生きていた頃は、きっともっと違った雰囲気だったことでしょう。
今でいうパワースポット、本当に神聖な雰囲気にあふれた場所だったと思います。
歴史に翻弄され、時の変遷とともにその雰囲気は変質し、色々な人がたくさん出入りする現代となっては往時の面影を感じ取ることは難しくなってしまったのかもしれません。

この一・二年、世間ではパワースポットがちょっとしたブームになっています。
しかし、テレビや雑誌に紹介されてたくさんの人が訪れるようになると、その場がもっていた雰囲気は変質してしまいます。
残念ながらマスコミに取り上げられた時点でパワースポットとしての終わりを意味することも…。

一方わざわざ遠くに出かけなくても、自分の近所にお気に入りの場所があるという方もいらっしゃることと思います。
何となく気持ちが穏やかになったり、活力が沸いてくるというような…。
そここそがあなたにマッチするパワースポットですから、大切に扱ってあげて欲しいと思います。

万人に会うスポットなんてそうそうあるものではありませんが、有名無名にかかわらず、探せば良い所はまだまだあるものです。
私にも数箇所、自分なりのパワースポットがあります。もちろんその場所は秘密ですけど…


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です