マナー考

私たちは、目には見えませんが、様々なエネルギー(波動、バイブレーション)の中でその影響を受けながら生活しています。

温泉に浸かったり、大自然の中に出掛けたり、森林浴をしたりすると、元気が湧き出たり、気分がリフレッシュした経験をお持ちの方は多いと思います。
また人混みに出掛けたり、ギャンブル場の近くに寄ったりすると、ソワソワと落ち着かない気持ちになったり、ひどい場合は頭が痛くなった経験をされた方も少なくないと思います。

明るく、清清しく、暖かいエネルギーの場はそこに身を置いた人に心地良く作用し、反対に暗く、荒々しく、冷淡なエネルギーの場はそこに身を置いた人にネガティブな影響を及ぼします。

先月東京スカイツリーが開業し、一斉に押しかけてきた観光客のマナーの悪さが指摘されるようになっていますね。
さて皆さんは街中でマナーの悪い人を見かけたら、どんな気持ちが起こりますか?
電車でヘッドホンからシャカシャカ音を響かせている人、タバコやゴミをポイ捨てしていく人、待ち合わせにしょっちゅう遅刻してくる人、爆音を響かせていくバイク等々…、こういった人に遭遇した場合、多くの方は嫌ーな気分になってその人を見つめるでしょう。
人によっては怒りがこみ上げてくるかもしれません。

そうなんです、マナーを守らない人は周囲に居る人から一斉にネガティブなエネルギーの集中砲火を浴びるのです。
ネガティブなエネルギーはその人のエーテル体に蓄積され、やがて臨界値を越えると心身の不調や、事故、ケガとなって現れてきます。
自然の中で排泄することが多かった人は、後々生殖器や泌尿器の病気になることが多いと言われますが、これも自然霊からのしっぺ返しと捉えることができます。

お互いに気持ち良く生活していくためのルールとして、マナー。
法律と違い、マナーを守らないからといって社会的制裁を受けることは少ないですが、ある意味目に見えない世界ではそれ以上の負債を抱えてしまうようです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です