三次元世界にグル(導師)は存在しません

多くの方は、尊敬している人物をお持ちのことでしょう。
歴史上の人物だったり、家族だったり、社内の人だったり、何かのリーダーだったり…。
時にはその生き様を手本とし、ある時は反面教師にし…。

しかしその尊敬が「崇拝」になると、これはいけません。
批判が無くなってしまい、その人物の言うがままに従い…、自らの自由意志を使わなくなってしまいます。
カルトはグル(導師)への個人崇拝を煽ることで成り立っています。

仕事柄、ごくまれに「グル探し」している方にめぐり合います。
私はグルになるつもりなんてさらさらありませんから、そのような人にはこうアドバイスします。
「この世に生きている人間に完全な人なんていませんよ。みんな何かしら欠点があるからこの世に修行しに来ているのです。例外はありません。特定の個人を崇拝するようなことをすると、あとで必ずしっぺ返しにあいます。」と。

グルといえども人間。
必ずや人間であるが故の闇の部分を目にする時が来ます。
そのときの失望たるや、自分が持てる財産、時間、労力を費やしたぶんだけ比例して大きくなるものです。

「○○さんがこう言っているから…」はもう立派な思考停止状態。
崇拝の域に足を踏み入れています。
ご注意を。