無条件の愛

(「自己愛、執着」からつづく)

次に、良心の実態について俯瞰してみましょう。
良心は愛と叡智に溢れ善を行うように働きかけてくると、先に述べました。
まずは愛を取り上げてみます。

私たち人間はホモ・サピエンスの体を借りているので、本能と同じく動物的な愛も初めから持ち合わせています。
動物的な愛とは、子を守り育もうとする愛、同族の仲間と調和しようとする愛、繁殖のために必要な雌雄間の愛などです。
これらの愛は同族の個体数を維持しさらに増やす働きをしますから、結果として同族を外敵から守り、ひいては自分の命を守る事に繋がります。
個体数を維持し、増加させようとする行動は本能に組み込まれているといっても良いでしょう。

これら動物にもある愛を人間に当てはめて考えると、愛情、友情、恋愛といったものになりますが、人間がこういった類いの愛しか持ち合わせていなかったとしたら、動物と人間の間には別段の違いはないことになります。

私たち人間は、動物と違って家族や同族を超越した存在である「社会、国家」を形成し、様々に違ったタイプの方々との調和を求められます。
ですから、そこで必要とされる愛は動物でも持っている本能的な愛とは質が異なります。
その愛とは、本能的な愛という言葉に対して、理性的な愛と表現したら良いでしょう。

私たち人間は心の中で対話する時、良心からの理性的な愛を感じながら対話しています。
高尚な判断をしようとすればするほど、そこには家族や同族といったような限定は存在しなくなり、見返りすらも求めようとしなくなります。
限定や見返りを求める気持ちは、エゴが行なっていることなのです。
無条件で無償であること、これが良心から流れてくる愛の本質です。

また、理性的であるということは、そこには客観的にしかも冷徹に物事を観察して判断するという要素が入ってきます。

(つづく…)