霊的真理と感情

霊的真理は、それを聞く人のその時の状態によって、様々な顔をして私たちの前に現れます。

同じ因果律の話を聞いているはずなのに、

時には耳の痛い忠告の言葉として、
時には暖かい愛の言葉として、
またある時には崇高な神からの言葉として、
そして時には冷徹な断罪の言葉として…。

同じ内容のことを聞いているはずなのに、なぜ?

大切なことは、それを聞いた時に反応した自分の感情を冷静に見つめること。
感情こそが人間の本性、最初に現れてきた感情こそが自分の本当の姿ですから。

決して感情に流されないで!
ここが理性の活躍のしどころです。

霊的真理を聞いたときの反応は、
自分自身と創造主との距離感、
言い換えれば霊性進化の道からの距離感のあらわれです。

理性を発揮して、しっかりと軌道修正していきましょう。

ところでこの記事を読んでどんな感情を抱きましたか?


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です