花を支えるもの

本場英国のスピリチュアリズム事情について書いてみたいと思います。

遠い日本から眺めているとどうしても有名な The Arthur Findlay College や The Harry Edwards Healing Sanctuary といった施設、そして著名なミディアムに目が行きがちになってしまいます。
10年ほど前、日本でもミディアムが活躍するテレビ番組がありましたので、どうしてもミディアムの能力的な所やその現象に興味を持ちがちになってしまう方が多いようです。
“花を支えるもの” の続きを読む

乳がんとスピリチュアルヒーリング   ~サウスハンプトン大学における検証〜

ハリーエドワーズ治療院が隔月で出している情報誌 “The healer ” 。
その2012年4月号に、フィオナ・バルロー女史が寄稿しておりました。
彼女は、英国のサウスハンプトン大学で数年にわたり、乳がん患者へのスピリチュアルヒーリングの効果を検証し、それを論文にして出版もしています。
非常に興味深い記事でしたので、和訳して皆さんにお届けします。

*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+

私の研究論文、「乳がん患者のスピリチュアルヒーリング体験~その一元的調査~」の革装丁版を贈呈するために、先月、ハリーエドワーズ治療院保全理事会の方々にお会いできたことをとても誇りに思っています。私は、その研究と成果を少しだけでも皆さんと分かち合うことは有意義なことと考えます。

乳がん治療の副作用に悩まされている12人の女性が、最大で10回のスピリチュアルヒーリングのセッションの提供を受けました。乳がん治療の副作用はとても消耗するものであって、多くの女性患者は関節痛、疲労感、急激な暑さ感覚(ホットフラッシュ)、寝汗、気分の落ち込み、睡眠障害などと向き合って闘っています。こういった副作用は数年続くこともあり、さらに患者は、再発防止のために、最大5年間もホルモン療法を受ける必要があります。

患者の一人であるジャスミンは次のように述べています。
「このような(現代医学的)治療法は、だれでも嫌気がすることでしょう。どんなに強い人でも、そしてどんなにこの治療が自分にとって良いとわかっていたとしても、耐えるのは大変です。なぜならもの凄く疲れてしまうだけですから。だからこういった治療法に慣れるにはそれなりの時間がかかるでしょう。私がいまだにそこに身を置いてそういう治療を受けていたら、たぶんもう3年半位は必要ではなかったかと思います。」

その証拠に、何人かの女性患者は、副作用と付き合うことはとても大変だということに気付いているので、薬剤をある短い期間投与しない「ドラッグホリデー」をとるようにしています。その間は副作用からも開放されるからです。私たちはホルモン療法を中止した場合の影響についてはわかっていませんが、おそらくとても重大な結果をもたらすことでしょう。

さて、スピリチュアルヒーリングはサウスハンプトン大学の一般開放された医療研究施設で行なわれました。ヒーリングのセッションはハリーエドワーズ治療院のヒーラーたちによって行なわれました。彼らはただヒーリングを行なっただけではなく、患者たちの記録を採る手助けもしてくれました。患者たちもまた日々の感情を日記するようにしてもらい、10回のヒーリングの後は私と一対一の面談を受けてもらいました。そしてこれら全ての情報は集められ分析されました。

その結果、全ての女性患者がスピリチュアルヒーリングによって恩恵を受け、他の患者にもスピリチュアルヒーリングを勧めたいと述べています。ヒーリングの2~3週間後には、関節痛は低減するか全く寛解してしまった、と調査結果は表しています。

患者のフォックスグローブは彼女の関節痛について次のように述べています。
「私は関節が痛くて、本当の障害者のようでした。歩くことも座ることも寝ることも、すべてが苦痛でした。読まなければならない本があっても本を支えることすらできなかったのです。物を書いたり、コンピューターを扱うこともほとんどできませんでした。そんなことはとても痛いだけでしたから。私がすることなすこと、全てが痛かったのです。それから私は最初のヒーリングを受けるためにやってきたのですが、それだけで私の関節痛の半分が消えてしまいました。そして何週間か後、およそ全部で13週間位でしょうか、ちょっと疲れたときに感じる程度までに、関節痛はほとんど消えてなくなりました。」

精神的なストレスが再びホットフラッシュを呼び戻すことはあるようですが、ホットフラッシュもまた患者達の訴えから消えていました。寝汗についても訴えから消えており、このことは良い睡眠に繋がっていました。かつて睡眠障害は何人かの女性患者にとっては一つの問題であり、翌日の疲労に繋がっているものでした。

患者のカメリアが睡眠障害について語ってくれました。
「私は恐ろしかった、就寝時間が怖かったのです。でもスピリチュアルヒーリングを受けてからというもの、今すぐにでもベッドに行きたがっている自分を発見しました。ただテレビを見たいという理由だけで午後11時までも起きていたとしたら、私にとってはもう遅い時間です。いつもの私なら午後10時くらいにはベットに行きたいのです。このことは私にとって本当に有益なことです。それくらい、以前の私にとって就寝時間はとても恐ろしい時間でした。」

さらに睡眠の改善は、患者のスイートピアに睡眠導入剤を止めさせ、毎朝リフレッシュされた目覚めをもたらし、その日を楽しみにさせる効果をもたらしました。

スピリチュアルヒーリングの身体的効果とは別に、女性患者たちは精神的な効果についても語っています。これらのことを言葉で言い表すのはなかなか難しいのですが、乳がんの診断は永遠に続く恐怖感の前段であり、また乳がんやその再発についての思いは、女性患者にとって毎日の悩みの種となります。しかしスピリチュアルヒーリングの後では、女性患者たちは心配が弱まり、穏やかな気持ちになり、前向きに、そして明るい気持ちになったと述べています。

この調査は国内国外を問わず、多くの会議で発表され、いまだに研究は続けられています。私は3月下旬にブライトンとホーヴのスピリチュアリストチャーチでこの調査について発表しました。また私はいくつかの学術誌向けに記事も書いております。さらにこの研究は、先頃出版された ” Harry Edwards Healing Impact Questionnaire ” の基盤となっています。

私たちはどのようにスピリチュアルヒーリングが作用するのかということは明らかにしていません。ただ、もしスピリチュアルヒーリングがこれらの女性患者に効果があったのなら、同じように治療による副作用に悩む他の患者の皆さんにも効果があることでしょう。旧来の薬剤は確かに癌の治療法としての成果が上がってきています。患者を助けたいという望みが両者の中心にあるという事を除いて、私は薬剤とヒーリングはその哲学的な側面ではかけ離れているように見ています。私は一貫してこの研究を継続していますが、それは医学的権威を侵害するつもりなどではなく、患者の利益のために一緒に働きたいと思うからです。

私の調査から私は一枚のコラージュを作りました。これは女性患者たちが私に話してくれた癌との戦いの日々を視覚的に表現したものです。これは今ハリーエドワーズ治療院で見ることができます。(以降割愛)

UK2011 ⑥

いよいよプライベートシッティングの日を迎えました。
朝はリッチモンドパークを小一時間程散歩し、意識体を活性化させてからミディアムのご自宅に向かうこととします。
私のUKツアーはよく歩くのです…

リッチモンドパークは英国王室の公園の一つで、街の中であるのに、日本では考えられないほどの広大な緑が残っている公園です。
昔は狩猟場だったようですが、その名残でしょうか、いまだに野生の鹿が生息しています。

余談ですが、この日から英国は季節はずれの暖かい日々が始まり、湖水地方での冬の装いから、一気に半袖でも大丈夫なほどに気候が変わってしまいました。
英語圏で言う Indian Summer (小春日和)です。

さて、昨年もお世話になったミディアムの女性は快く私たちを出迎えてくれました。
Sitting の内容についてはプライバシーの関係で詳しく紹介できませんが、短い時間の間にそれぞれに驚き、感心、喜び等々たくさんの経験をして、メッセージが心に深く染み入っていったようです。

夜はとある Spiritualist Church で Clairvoyance に出席させていただきます。
水曜日の夜にもかかわらず、会場には50名程が集まっていました。
一人参加あり、友人とあるいは家族で参加ありと、出席者は多様です。
実際に参加してみることによって、英国人の日常にスピリチュアリズムがどれほど浸透しているのか、実地に体験できたことと思います。

帰国しております

9月末から10月初めにかけて、UKツアーのために診療をお休みさせていただいておりました。
期間中にメールやお電話でお問い合わせいただいたクライアント様もいらっしゃるようで、大変ご迷惑をおかけいたしましたことをお詫び申し上げます。
現在は通常診療に戻っておりますので、再びご愛顧いただけましたら幸いに存じます。

昨年に引き続きまして渡英できましたが、今年も霊界の采配を感じる旅となりました。
スピリチュアリズム発祥の国と言っても良い英国では、自分の霊性進化を価値観の柱に据えて人生を生きていらっしゃる方(スピリチュアリスト)がたくさんいらっしゃいます。
またそのような価値観に触れられるような施設、学校、講座、サービスなどが国中の至る所に点在しています。

日本で「霊性」云々というと、すぐに新興宗教だの怪しい団体という目で見られがちですが、英国ではごく普通の人々がスピリチュアリストとして生活しています。
価値観の問題ですので、わざわざ私はスピリチュアリストですと宣言するものでもありません。

十数年前に比べ、英国のスピリチュアリストの広がりは格段に大きくなっていると思います。
日本でも「スピリチュアルなもの」に興味を持つ方は昔に比べて増えているように思いますが、英国のように「本物」を体験する機会や、「本物」を紹介している文献・情報は極端に少ないせいでしょうか、日本で「霊性進化」を自分の人生の価値観に置いて生きていらっしゃる方は残念ながら少数に過ぎません。

時々英国を訪れそういった方たちと直接触れ合うことで、日本にいると埋没してしまいそうな自分のスピリチュアリティ、アイデンテティを掘り起こして軌道修正をしております。
クライアント様におかれましても、機会がありましたらぜひUKツアー に手を挙げていただき、「本物」に触れることで人生の新たな一面を切り開いていただきたいと願っております。

UK2010 ⑤

夕方は某スピリチュアリストチャーチに向かいます。
英国各地にはスピリチュアリズムの啓蒙のためのチャーチがあり、これまた主にボランティアが運営しています。

チャーチといってもイエス像やマリア像、立派な祭壇などはありません。
英国国教会の国ですので少なからずキリスト教の影響を受けてはいますが、どこのチャーチも基本的には宗教色は薄く、質素なコミュニティセンターの趣です。

訪れた晩は Wendnesday Service の日で、ミディアムの Peter Richard がクレアボイアンスを行なっていました。

スピリチュアリストチャーチはどこもフレンドリーにゲストに接してくれますが、ここのチャーチもウエルカムの雰囲気満載で私たちを迎えてくれました。

クレアボイアンスでは我々のグループの一人がメッセージをいただくことができました。
プライベートな内容なのでここでそれを明らかにすることはできませんが、図星のことばかりで当人は大変驚いていました。
今日はじめて会った英国人に色々言い当てられるのですから無理もありません。
と同時に深い愛に包まれたメッセージでもありましたので、激しく心を揺さぶれたようで、翌日の朝までこの話題がつきませんでした。

帰り道に着いたのは午後9時を回っていましたが、外は十分に明るいままでした。
この季節の英国はサマータイムのおかげもあり午後11時を過ぎないと暗くなりません。
夕方の時間を有意義に過ごせますし、犯罪に巻き込まれる心配もちょっと軽くなります。
今晩は翌日のプライベートシッティングに備え、早めに就寝です。