スピリットガイドの苦労

とある電気設備工事会社を経営する男性。

若くして独立した彼は、現場で働きながら社長業もこなし、会社を発展させてきました。

小さな会社ではありましたが業績はまあまあで、自分の仕事に誇りを持っていたこの男性は、将来は長男に会社を継がせたいと密かな期待をしていました。

長男は長男で、幼い頃から、懸命に働く父親の姿を見て、将来は父親のようになりたいと淡い尊敬の気持ちを抱いていました。

真面目に働く男性の姿は、長男に堅実さを植え付け、学校の成績も良い線を保つことができていました。

長男が中学生になった時、学校で三者面談がありその男性は初めて長男の胸の内を聞くことになります。

仕事が忙しくてなかなか家族と深い会話ができないでいた男性は、長男の「電気工事士になりたい」という希望を聞いてとても嬉しく感激しました。

男性は考えました、「よし、長男がこの道に進みたいなら、自分は他の誰よりも多くのことを教えてあげることができるし、資格を取るために効率的な方法だってわかっている」と。

そして「将来の資格勉強のために、今から何か電気の仕組みを理解できるものになじませておいてあげたいなあ」とも。

そこで長男にごく簡単な電子工作キットを何点か買い与えてみたところ、長男は四苦八苦しながらも器用に組み立てあげることができました。

仕事の忙しさを押して一緒に手伝った男性は、父親らしいところを見せることができて喜びました。

さすがに蛙の子は蛙、その後長男は様々な電子工作キットを組み上げながら少しずつ電気的な知識や手先の技術を蓄えていきました。

そのうちに長男はもっとすごいものを作ってみたいと思うようになり、一人でパソコンキットの組み立てに挑戦します。

今までやってきた工作よりも時間も手間もかかりましたが、苦労して組み立てあげたパソコンは特別な存在に感じました。

しかしこのパソコンの完成が、順調だった長男の成長に影を落とします。

作ったら実際に動かしてみたくなるのが人情というもの。

長男はそのうち自作のパソコンを通してネットの面白さに目覚めます。

動画サイト、オンラインゲーム、チャット…と、今まで限られた世界で生きてきた真面目な中学生には、これらの外の世界は刺激的すぎました。

そのうちに長男は、学校から帰宅すると、日に何時間もパソコンの前に座って、ネットに耽るようになってしまったのです。

当然学校の成績は下がり始め、学校へ行くことが面白くなくなり始めます。

長男が一度は心に決めたはずの電気工事士への道も怪しくなってしまいました。

電気の仕組みやら技能的なことを学んでもらおうと考えていた当初の男性の目論見は、完全に裏目に出てしまいました。

男性は、長男に志をもう一度思い出してもらい何とか軌道修正をして欲しいと、あの手この手を使ってみますが、刺激的な享楽に耽る長男には届きません。

人間的に未熟な時に味わった高揚感や刺激から目を覚ますのはなかなか難しいものなのです。

 


 

この世の中には、高揚感をもたらす刺激的で魅惑的な罠がたくさん仕掛けられています。

親の心子知らずと言いますが、私たちのスピリットガイドも未熟な私たちにきっと手を焼いていることでしょう…

寂しさ

時には孤独を感じたり、寂しさを感じたりすることがあります。
寂しいという思いは胸のチャクラに影響します。
誰でも、寂しい気持ちになると、胸のあたりが締め付けられるような体験をしたことがあると思います。
寂しさは胸のチャクラの働きを弱め、胸のあたりにぽっかり穴が空いたような空虚感を生み出します。

それを紛らわせようと、人によっては人工的に煙を肺に充満させでごまかそうとします。
でもそんなことをしたところで何の解決にもならないですし、肉体に害を与えるだけです。
タバコを止めたいと思っている方は、自分で作り出している孤独感の原因に目を向けられると良いでしょう。

同時に、寂しさや孤独感を感じている時は、あなたのスピリットガイド(指導霊)に意識を向けてみましょう。
一日24時間、一年365日、片時もあなたのそばを離れず、ただただあなたの魂の向上を願って見守ってくれているのです。
この世の肉親以上の愛であなたを包んでくれているのですよ。
なのに、まだあなたは孤独だというのですか?
スピリットガイドがそっと寄り添ってくれているのに…

スピリットガイドの存在を知り、ひとたびその存在を確信できるようになれば、孤独感という幻に打ち勝てるようになるのです。

諦める

壮年期が過ぎて中年期に入ってくると、肉体的な衰えを否応なしに感じるようになります。

一日はあっという間に過ぎていきますが、その一日はかつての一日とは違い、やれたことの量が減っているような気がします。
要は思考や動作がスローになってしまったということでしょう。

頭には白いものが目立ち始め…、近くの小さなものが見えにくくなり…、体の不調や傷なども治るのに時間がかかり…と、まさか自分がこんな風になってしまうとは若い頃には思いもしませんでした。
時間を戻すことはできないですし、外面的な若さを追い求めても所詮限界があります。

先日ある方のセッション中にメッセージが届きました。
「歳をとるということはいろいろなことを諦めることです」
「諦めることが謙虚さを生み、謙虚さが執着から離れることをもたらし、執着を離れることが自分自身を自由にします」
「諦めることで人間としての本分は何かということがわかります」と。

諦めることイコール投げ出すという意味ではないようです。
「歳をとる」ということは、この世的なものに執着をしている自分自身を見直すために与えられた霊界からのありがたい配慮と言えるかもしれません。

現実は受け入れるしかないですね。
事実、いい意味での諦めの境地で自分自身や身の回りを見直してみると、それだけで心が解放されるような楽な気持ちになることができます。
おかげで、自分が若くモテた頃の外見を引きずったり、見た目の若さに執着して周囲に痛々しさを与える老人にならないで済みそうです。
メッセージをくださった御人に感謝ですね。

◯◯公認の怪

スピリチュアル関係のサイトを眺めていると、様々な団体や組織が「◯◯公認ミディアム育成」とか「△△認定ヒーラー養成」などとうたって受講生を集めています。
また個人のホームページでも「☆☆認定ミディアム」「**終了ヒーラー」と勲章のように高らかに掲げていらっしゃる方もいます。

この地球は未熟な魂の修行の場であって、魂の進化レベルでは幼稚園レベルと言われています。
地球上に存在する魂(人間)は、どんなに優れた人物と未熟な人とを比べたとしても、残念ながら年長さんと年少さん位の差しかありません。

幼稚園児同士が「◯◯ちゃんは鉄棒が上手だから鉄棒の先生になって教えて…」とか「◯◯君は足が速いからオリンピックに出してあげる」と言っている場面を大人が見たらどう思うでしょう?
「他人に教えるなんて無理だろ…」「オリンピックって…、あなたたちは世の中が良くわかってないからねぇ」と思いながらも、かわいいママゴト遊び位にして笑い飛ばすことでしょう。

これと同じように、私たちより進化している善霊から見たら、霊界を相手にする仕事なのに霊的に未熟な者が未熟な者を認定したり公認することは、彼らにはママゴト遊びにしか映らないことでしょう。

無論、社会経済体制の秩序維持のために、国家や権力が与えている免許や資格は必要です。
ごく一部の教育養成学校については、たちの悪い霊能者を排除するという一定の成果を上げていることも認めます。
ですが、こと善霊を相手にする仕事については、未熟なこの世の人間が権威を持っているとは思いません。
なのに、なぜ多くの人はこの世の人間が拵えた肩書きを欲しがるのか…。

霊界の道具、霊界の僕としてその人間を使うかどうかは、善霊が決めることでしょう。

ひつじ年 ーにせ預言者ー

あけましておめでとうございます。
2015年は未年、ひつじといえば聖書のこんな一節を思い出します。

中身は貪欲な狼でありながら、ひつじの毛を被り、あなたたちのもとにやって来る偽預言者たちから身を守りなさい。(マタイ7・15)

イエスの時代、預言者とは「神の言葉を預かる人物」という意味で使われていました。
現代風にいえば「霊界からのメッセージを伝える人」ですね。
平たくいえば霊媒とかミディアムと呼ばれる人たちです。
偽預言者についてはこんな記述も…

多くの偽預言者が現れ、多くの人を誘惑するでしょう。そして非道徳がはびこり、多くの愛が冷めてしまうでしょう。しかし、最後まで耐え忍ぶものは救われるのです。(マタイ24・11-13)
ゆえにもし誰かがあなたに「キリストがここにいる」とか「あそこにキリストがいる」と言っても信じてはいけません。偽キリストや偽預言者が現れ、大きな奇蹟や驚くべきことを行なって、選ばれた者達をも誘惑しようとするでしょう。(マタイ24・23-24)

イエスの予言どおり、現在、霊媒/ミディアム/ヒーラー(スピリチュアルヒーラーも霊媒の一形態)と呼ばれる人間は世界中に大勢存在し、イエスの時代でいう奇蹟を行なっています。

信頼できる知人のある英国人ミディアムが、
「ミディアムと名乗っている人間の中で、本当に霊界とつながって仕事をしているのは10%しかいない。残りの90%は本人もよくわからないまま霊界につながっているような勘違いをしているだけだ」と話していたことが印象に残っています。
ということは、霊媒とかミディアムと名乗っている人のうち10人中1人しか本物はいないということになります。

またシルバーバーチシリーズでおなじみの故近藤千雄先生は、生前「(動機の面で)95%の霊媒は偽物」と断じていらっしゃいました。
霊媒/ミディアム/ヒーラーと呼ばれる人物の使命は「真理普及のきっかけをつくる」ことであり、彼らは単なる「霊界の僕」に過ぎません。
ですから霊媒/ミディアム/ヒーラーの意識は常に善霊に向いてる必要があり、その内面も行動も善霊たちの徳性である奉仕と謙遜そして道徳性を具現化していなければなりません。
とても厳しい生き方を求められるのです。

それなのに現実はどうでしょうか?
「楽に儲けられそう」とか、「自分の能力を賞賛されたい」「有名になりたい」「人の上に立ちたい」という動機から霊媒を目指す人や、単なる好奇心あるいは現実世界からの逃避のためにスピリチュアルなものに関わっている人がかなりの数見受けられます。
近藤千雄先生が嘆かれたこともうなづけます。

本当に霊界と共に仕事をしている者が10%、その中で動機の面で本物は5%としたら、霊媒/ミディアム/ヒーラーと名乗っている人物の中で、本物は200人に1人しかいないことになりますね。
残念ではありますが、私から見るとこの数字は実感できるものです。
私にスピリチュアリズムの薫陶を授けてくださった山本貞彰氏は「霊的事象はまずは全て疑ってかかりなさい」と一番最初に教えておりました。
今、その言葉の重みをかみしめています。
自戒を込めて…

 

その責任を痛感している霊媒は、いつでも奪われる可能性のある自分のものではない能力については、自慢するのではなく、それによってどのような善を得ることができるのかを神に委ねます(Allan Kardec)。