乳がんとスピリチュアルヒーリング   ~サウスハンプトン大学における検証〜

ハリーエドワーズ治療院が隔月で出している情報誌 “The healer ” 。
その2012年4月号に、フィオナ・バルロー女史が寄稿しておりました。
彼女は、英国のサウスハンプトン大学で数年にわたり、乳がん患者へのスピリチュアルヒーリングの効果を検証し、それを論文にして出版もしています。
非常に興味深い記事でしたので、和訳して皆さんにお届けします。

*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+

私の研究論文、「乳がん患者のスピリチュアルヒーリング体験~その一元的調査~」の革装丁版を贈呈するために、先月、ハリーエドワーズ治療院保全理事会の方々にお会いできたことをとても誇りに思っています。私は、その研究と成果を少しだけでも皆さんと分かち合うことは有意義なことと考えます。

乳がん治療の副作用に悩まされている12人の女性が、最大で10回のスピリチュアルヒーリングのセッションの提供を受けました。乳がん治療の副作用はとても消耗するものであって、多くの女性患者は関節痛、疲労感、急激な暑さ感覚(ホットフラッシュ)、寝汗、気分の落ち込み、睡眠障害などと向き合って闘っています。こういった副作用は数年続くこともあり、さらに患者は、再発防止のために、最大5年間もホルモン療法を受ける必要があります。

患者の一人であるジャスミンは次のように述べています。
「このような(現代医学的)治療法は、だれでも嫌気がすることでしょう。どんなに強い人でも、そしてどんなにこの治療が自分にとって良いとわかっていたとしても、耐えるのは大変です。なぜならもの凄く疲れてしまうだけですから。だからこういった治療法に慣れるにはそれなりの時間がかかるでしょう。私がいまだにそこに身を置いてそういう治療を受けていたら、たぶんもう3年半位は必要ではなかったかと思います。」

その証拠に、何人かの女性患者は、副作用と付き合うことはとても大変だということに気付いているので、薬剤をある短い期間投与しない「ドラッグホリデー」をとるようにしています。その間は副作用からも開放されるからです。私たちはホルモン療法を中止した場合の影響についてはわかっていませんが、おそらくとても重大な結果をもたらすことでしょう。

さて、スピリチュアルヒーリングはサウスハンプトン大学の一般開放された医療研究施設で行なわれました。ヒーリングのセッションはハリーエドワーズ治療院のヒーラーたちによって行なわれました。彼らはただヒーリングを行なっただけではなく、患者たちの記録を採る手助けもしてくれました。患者たちもまた日々の感情を日記するようにしてもらい、10回のヒーリングの後は私と一対一の面談を受けてもらいました。そしてこれら全ての情報は集められ分析されました。

その結果、全ての女性患者がスピリチュアルヒーリングによって恩恵を受け、他の患者にもスピリチュアルヒーリングを勧めたいと述べています。ヒーリングの2~3週間後には、関節痛は低減するか全く寛解してしまった、と調査結果は表しています。

患者のフォックスグローブは彼女の関節痛について次のように述べています。
「私は関節が痛くて、本当の障害者のようでした。歩くことも座ることも寝ることも、すべてが苦痛でした。読まなければならない本があっても本を支えることすらできなかったのです。物を書いたり、コンピューターを扱うこともほとんどできませんでした。そんなことはとても痛いだけでしたから。私がすることなすこと、全てが痛かったのです。それから私は最初のヒーリングを受けるためにやってきたのですが、それだけで私の関節痛の半分が消えてしまいました。そして何週間か後、およそ全部で13週間位でしょうか、ちょっと疲れたときに感じる程度までに、関節痛はほとんど消えてなくなりました。」

精神的なストレスが再びホットフラッシュを呼び戻すことはあるようですが、ホットフラッシュもまた患者達の訴えから消えていました。寝汗についても訴えから消えており、このことは良い睡眠に繋がっていました。かつて睡眠障害は何人かの女性患者にとっては一つの問題であり、翌日の疲労に繋がっているものでした。

患者のカメリアが睡眠障害について語ってくれました。
「私は恐ろしかった、就寝時間が怖かったのです。でもスピリチュアルヒーリングを受けてからというもの、今すぐにでもベッドに行きたがっている自分を発見しました。ただテレビを見たいという理由だけで午後11時までも起きていたとしたら、私にとってはもう遅い時間です。いつもの私なら午後10時くらいにはベットに行きたいのです。このことは私にとって本当に有益なことです。それくらい、以前の私にとって就寝時間はとても恐ろしい時間でした。」

さらに睡眠の改善は、患者のスイートピアに睡眠導入剤を止めさせ、毎朝リフレッシュされた目覚めをもたらし、その日を楽しみにさせる効果をもたらしました。

スピリチュアルヒーリングの身体的効果とは別に、女性患者たちは精神的な効果についても語っています。これらのことを言葉で言い表すのはなかなか難しいのですが、乳がんの診断は永遠に続く恐怖感の前段であり、また乳がんやその再発についての思いは、女性患者にとって毎日の悩みの種となります。しかしスピリチュアルヒーリングの後では、女性患者たちは心配が弱まり、穏やかな気持ちになり、前向きに、そして明るい気持ちになったと述べています。

この調査は国内国外を問わず、多くの会議で発表され、いまだに研究は続けられています。私は3月下旬にブライトンとホーヴのスピリチュアリストチャーチでこの調査について発表しました。また私はいくつかの学術誌向けに記事も書いております。さらにこの研究は、先頃出版された ” Harry Edwards Healing Impact Questionnaire ” の基盤となっています。

私たちはどのようにスピリチュアルヒーリングが作用するのかということは明らかにしていません。ただ、もしスピリチュアルヒーリングがこれらの女性患者に効果があったのなら、同じように治療による副作用に悩む他の患者の皆さんにも効果があることでしょう。旧来の薬剤は確かに癌の治療法としての成果が上がってきています。患者を助けたいという望みが両者の中心にあるという事を除いて、私は薬剤とヒーリングはその哲学的な側面ではかけ離れているように見ています。私は一貫してこの研究を継続していますが、それは医学的権威を侵害するつもりなどではなく、患者の利益のために一緒に働きたいと思うからです。

私の調査から私は一枚のコラージュを作りました。これは女性患者たちが私に話してくれた癌との戦いの日々を視覚的に表現したものです。これは今ハリーエドワーズ治療院で見ることができます。(以降割愛)

ペットとヒーリング

10月4日の「世界動物デー」にあわせ、The Harry Edwards Healing Sanctuary の ‘ The Healer ‘ magazine は、毎年この時期、動物とスピリチュアルヒーリングについての特集号となります。
動物へのスピリチュアルヒーリングの効果や恩恵、ペットと人間の関係のあり方など毎年様々な話題を提供してくれています。

これまでに私も、クライアント様の愛犬や愛猫にヒーリングをさせていただいたことが何度かあります。
動物は邪念がない分、とても素直にそしてすばやくヒーリングに反応してくれ、その後の経過も順調なことが多いようです。

これまでの経験から述べさせていただくと、ペットが病気や不調になる陰には、飼い主の「余裕の無さ」が潜んでいることが多いと感じます。
ひとつは、忙しさにかまけてペットの相手をあまりしていなくて、ペットが寂しさから不調になるパターン。
もうひとつは、ペットの世話は充分にしてはいるのだけれでも、忙しい人間のご都合主義にペットが振り回されているとでも言えるパターンがあります…。

飼い主の気分であるいは飼い主の都合だけで、ペットと遊んだり関わったりしていると、ペットにストレスが溜まってきて心身の不調につながるようなのです。
いわばペットが飼い主と遊んであげている、相手をしてあげている状態です。

飼い主は可愛がっているつもりのようですが、当のペットからすると「自分の気持ちを理解してくれていない!」ということになるらしいのです。
ペットが遊びたいときには遊んでくれない、ペットがのんびりしたいときにはのんびりさせてくれない、ペットが撫でて欲しいときには撫でてくれない… etc ということです。

更に悪い例では、ペットの不調に飼い主が動転してしまい、あっちこっちの獣医さんにつれまわしてはやれ検査だ、それ注射だとペットが望んでいないことを強制するので、どんどん悪化していった事例も知っています。
ペットへの一番の薬は、飼い主の思いやりのある愛撫であることが多いのです…

ペットへの躾を否定しているつもりはありません。
ペットといえども立派なひとつの命、その気持ちを汲み取ってあげる心の余裕と、その気持ちを尊重して実現してあげる時間の余裕を持ちたいものです。

The healer

UK2014 ④

英国滞在5日目の午前中はスピリチュアルヒーリングです。

かのハリーエドワーズが数々の治療を行なっていたその場所で、スピリチュアルヒーリングを受けられることには感慨があります。

今回はMaria、Judy、Susan、Owenが私達の治療を行なってくれました。

初診表にはもちろん英語で記入しなければなりませんが、皆さんしっかりと準備してきてくれたおかげで、スムースにヒーリングに入ることができました。

以前訪れたときはハリーが実際に治療を行なっていたOld Sanctuaryでのヒーリングでしたが、今回は人数が多いせいか増築部分のNew Sanctuaryでのヒーリングとなりました。

もちろん場所に関係なく、とても良い時間を過ごす事ができたのは言うまでもありません。

ハリーエドワーズ治療院では驚きのサプライズがありました。

それは、滅多に日本でもお会いしてなかった方々が、同じ日ほぼ同時刻にヒーリングの予約を入れていらして、ここ英国の地で再会したことでした。

日本での近代スピリチュアリズム研究の草分け的存在の一人である山本貞彰先生の下で、かつて私はスピリチュアリズムの薫陶を受けさせていただいておりました。

私が学ばせていただいていた頃、ほぼ同時期に同じように学んでいた方々と再会することができたのです。

ちょっとした同窓会気分で、これまた良い時間を過ごす事ができました。

この世に偶然は無いといいますので、この再会にもきっと意味がある事なのでしょう。

その意味はあとで時間が教えてくれるに違いありません。

昼食をいただき、スタッフの皆さんに感謝を伝え、次の地に向かいます。

UK2010 ③

コッツウォルズ地方を発つ朝の食卓には心地よい沈黙の時間が流れていました。

沈黙を嫌う誰かが無理に話題を振るわけでもなく、皆さんが本当に「今」に浸り始めた証です。

Retreatの目的はほぼ達成されたようです。

再び車に乗り込み、今度はハリー・エドワーズの治療院(The Harry Edwards Healing Sanctuary)を目指します。

よりスピリチュアルな雰囲気に包まれた3日間がはじまります。

世界的に有名なスピリチュアルヒーラーであるハリーエドワーズが、ロンドン郊外のサリー州に開いた治療院は、彼の死後も大切に保存され今でもスピリチュアルヒーリングを提供しています。

ハリーの死後数年は弟子のレイ・ブランチ夫妻が引き継いでいましたが、その後はパトロンさんの手に委ねられ、今では多くのボランティアが日常の運営を行なっています。

パトロンというと日本では淫猥な響きがありますが、現地では純粋に援助者の事を指します。

会社が利益をあげることができたり自分が財産を築くことができるのは、自分の力だけではなく社会が儲けさせてくれたおかげであるという思想が西洋では根付いています。

したがって利益や財産の一部を、公共性の高いものや文化的・自然的価値が高いものなどに寄付して、社会に還元することが当たり前になっています。

どれだけ財産を得たかということより、どれだけ個人の財産を社会貢献に役立てたかで評価されるような社会です。

これは一部のお金持ちに限った話ではなく、市民が少ない資金で参加できるナショナルトラスト運動にみられるように、社会全体が共有している価値観です。

もちろん日本でもそういう意識の高い人がいらっしゃいますが、社会全体が共有しているイメージや価値観とは言えません。

先人達の努力のおかげで経済的豊かさを得ることができた日本ですが、その豊かさに見合った心の豊かさを実現できているのかどうか…。

世界にはまだまだ手本にすることがありますね。

治療院は、パトロンからの援助と利用者からの寄付金で運営されています。

入口には主なパトロンの名前が載っているボードが掲げられていましたが、その中には地元のロータリークラブの名前もあり、スピリチュアルヒーリングがいかに英国社会に根付いているかということを再認識させられました。

滞在中はStephenが色々な世話をしてくれました。

とても気のいい人物で一度で好きになりました。

明日はいよいよヒーリングセッションです。

sympathy &compassion

ハリー・エドワーズは著書の中で、治療者の大切な素養の一つにsympathyとcompassionを挙げています。

どちらの単語も日本語に訳すと思いやりとか同情、憐れみというものになってしまいますが、彼の文意から読み解くと必ずしもその訳が当てはまるとはかぎりま せん。

思いやりはともかく、日本語の同情や憐れみは、ともすると同情や憐れみをするほうが、されるほうより優位な立場にいるニュアンスを含む場合があります。

わかりやすくいえば上から目線ですね。

ハリーエドワーズの場合は、クライアントの立場になって思いをめぐらせ、共感しながら訴えを聴き、治療に当たるという意味で sympathy や compassion を使っています。

共有とか共感という日本語のほうがしっくりくるかもしれません。

先日あるクライアントさんが、「私がかかった医者は、病気や症状は診たけど、私をみてはくれなかった」とこぼされていました。

治療者である私たちも気をつけなければならないことです。

一縷の望みをかけていらっしゃるクライアントさんに絶望を与えるようなことや、ふさぎこんでいるクライアントさんにより落ち込ませるような言葉をかけるようなことがあってはいけないと思います。

霊的真理をふりまわして、上から目線で人を斬るようなことがあってもいけません。

「自分が相手の立場だったら…」というのは、何事においても基本ですね。

「共有」と「共感」、実践は難しいですが、一歩でも理想に近づきたいと思います。