良心

ラテンのことわざに「事にあたり良心の命に耳をかたむけよ、生涯に悔いを残さないために」というものがあります。
何かするときには良心に注目することが大切で、良心に背くようなことをするのでは未来はないという意味です。

わが国においては、室町時代に書かれた源氏物語に「心の鬼が身を責める」という有名な言い回しがありますが、これも良心の呵責を意味しています。
私たち人間はいにしえの時代から、人間の内面には善悪のセンサーとして「良心」というものがあることを知っていました。

良心は善そのものであり、愛であり、叡智であります。
何かの判断に迷った時や、決断を迫られている時、私たちは心の中でそっと自問します。
その時この良心が答えを出してくれます。
良心からの答えは愛と叡智に溢れていて、善を行なうようにと私たちに働きかけます。

ですから良心に背いたようなことをすると、悔いが残ったり、自責の念にかられるのです。
これも良心からの働きかけです。

このような体験はどなたでも経験したことがあると思いますが、それはまるで誰か別の人間が自分に語りかけてくるような感覚、あるいは別の人間と話し合っているような感覚です。
そうです、良心とは自分であって自分ではない存在から流れてくる思念と言えます。
その自分ではない存在を、人は神と呼んだり、創造主と呼んだり、あるいはハイヤーセルフ、仏心、大霊、超意識、宇宙意識などと呼んでいるのです。
言葉の違いが混乱を招いていますが、その意味するものは一つでありましょう。

私たちの人生の、あるいは魂の旅路の目的はこの良心を体現する存在となることです。
しかしながら、これを達成するためには、たいていの人は長い道のりを歩まねばなりません。

(つづく…)

Gift ~天賦の才~

Gift 、それは神からのあずかりもの

自分のためではなく、他人のために…
心配ではなく、慰めを
不安ではなく、激励を
臆病ではなく、勇気を
算段ではなく、真理を
争いではなく、調和を
恐怖ではなく、畏敬をもたらすためのもの

この世のためだけではなく、大いなる吾らの故郷のために…
愛という利子をつけて、やがて再び神に返すもの