儚い…

イタリア中部でマグネチュード6.2の大地震が発生し、多くの被害が出ている模様です。
あの周辺は昨年訪れたばかりですので、勝手に親近感を持っていて、様子が気になります。
被害に遭われた方のご冥福と、一日も早い復旧をお祈りしております。

日本では、そのイタリア地震の報道に隠れてしまっていますが、同じ日にミャンマー北部でマグネチュード6.4のこれまた大地震が発生しています。
人口密集地ではないので被害者の数はイタリアの比ではありませんが、現地の知人によると貴重な遺跡群にも被害が出ているとのことです。
ちょうど2週間ほど前にミャンマーを訪れ、バガン遺跡群に感動して帰ってきたばかりです。
その時に見た寺院も被害を受けたようで、美しかった姿が無惨にも崩壊している写真を見ました。

子供の頃、毎年夏になると遊びに行っていた陸前高田市の高田松原海岸は、5年前の大津波で跡形もなくなってしまったことは皆さんご存知かと思います。
数キロにわたる砂浜と松林の美しさは私の生存中に取り戻すことは物理的に不可能でしょう。

さらに2年前に初めて九州に旅行をした時の最初の訪問地、熊本城に南阿蘇村…、ここも今春の群発地震で大きな被害を受けていて、いまだに復旧の目処がたっていません。

思い出の地がこうも次々と地震で被害を受け、その在りし日の姿が変わってしまっているという現実を見ると、地球という生き物のとてつもない力、そして物事の儚さを感じずにいられません。
人間なんてちっぽけな存在なのに、自然や時間に抗って自分の存在を誇示しようともがいている様に見えてしまいます。

儚いという字はまさしく人の夢。
この人生は何度も繰り返す再生の旅のほんの一瞬立ち寄っただけで、あらゆるものは流転し儚い…。

と同時にこの時代に生まれてくるのも今回が最後ですので、この時代を楽しむ気持ちは大切だと思います。
しかしながら物理世界の限界をわきまえてそれに執着しないということは、もっと大切な事の様に思います。

実際に直接的な被害に遭われている方々にとっては、こんな感傷的な話は空想家の戯言に聞こえるかもしれませんが…、あえて。
各被災地の復興復旧をお祈りしております。

 

12.AUG.2016 スラマニ寺院@バガン
From 7day news journal
24.AUG.2016
by Myo Min Thu

久しぶりの故郷そして被災地

もう先月の話になってしまいましたが、母親の七回忌のために東北方面に行ってまいりました。

久しぶりに家族や親戚の顔を見る事ができ、充実した楽しいひとときを過ごすことができました。

当日は季節はずれの大雪で、車の運転はヒヤヒヤでしたが、かえって情緒を増した世界文化遺産「平泉」を堪能できましたし、露天風呂から雪景色を味わう事ができたりと普段なかなかできない経験をさせてもらえました。

私の実家は海から遠く離れた内陸部にありますので、今では震災時の痕跡を探す事の方が難しく思います。

求人倍率も県下一の水準(1.5倍)なので、景気もそう悪くはないようですから、実家周辺にいる限りはここが被災地だったことを忘れてしまいそうな感覚になりました。

今回はセントレアから仙台空港までは飛行機で往復し、仙台から実家まではレンタカーで移動しました。

ご存知かとは思いますが、仙台空港は東日本大震災で津波に襲われて孤立し、何百人ものスタッフや利用客が数日間2階で過ごしたという所です。

仙台空港自体は復旧し、被災の面影を見つける事ができないくらいになっていましたが、一歩空港の外に出ると、廃屋のまま放置された飲食店や工場、ひん曲がったままの看板やオブジェなどが、そこかしこにありました。

帰途では、仙台空港近くの競技場のグラウンドに沢山の仮設住宅が並んでいることに気付きました。

震災の爪痕は未だに癒えていない現実を目の当たりにしました。

仙台空港からの帰りの便は、快晴の中、夜の福島県上空を飛行しました。

上空から夜景を楽しんでいると、海辺にポツンと一つ明るい灯りを発見しました。

しかし良く観察するとおかしな事に、その灯りから同心円状に真っ暗闇の地域が広がっています。

民家の灯りも、街灯も、車の灯りすらも無い真っ暗闇で、およそ人の生活の気配がしません。

「もしかしてこれは福島第一原発の灯りと、立ち入り制限区域では?」とピンと来ました。

上空から見るとホントにちっぽけな原子力発電所の灯りなのに、その事故の影響を受けている地域の広大さと言ったら…。

震災前にはここら辺にドライブ旅行に行った事があります。

私の中では、美しい海と緑に囲まれた、自然豊かな明るく温暖な所というイメージの地域です。

ここで生活を営んでいた人たちの気持ちに思いを馳せたら、やりきれない気持ちになってしまいました。

何もできていない自分に歯痒さと、情けなさを感じてしまいました。

最近「ベースロード電源」とか言う怪しげな言葉が出てきましたね。

聞き慣れない横文字を登場させる時は、必ずと言っていいほど物事の本質を隠したい時なんですよね。本当に被災者の思いに寄り添っていると言えるのでしょうか?

地球からの恵み ~温泉

東北地方に住んでいた頃、頻繁に天然温泉に浸かっていました。
一番近い温泉施設で徒歩10分程。
さらに自宅から20~30分も車を運転すれば、入浴だけ可能な温泉宿に、ホテル、日帰り入浴施設等がたくさんありまして、その泉質も単純泉あり、炭酸泉あり、硫黄泉ありと、豊富な選択肢から選ぶことができました。
今から思うとかなり贅沢な環境でした。

温泉の掘削技術が進歩したことで、日本中のあちらこちらで日帰り入浴施設ができましたが、ここ愛知県も例外ではなく、近年は「こんな所に?」と思うような街中でも天然温泉の看板を見かけるようになりました。

現在のわが家からですと車で15分位の所に2ヶ所、天然温泉の入浴施設に行くことができます。
海が近いのでどちらも 塩化物泉なのですが、一方は施設が大きく立派で値段もリーズナブル、もう一方は施設がコンパクトでひなびた感じの割には値段は少々お高め。
時代にマッチした感じの前者はいつも混んでいますが、後者が混雑している所に遭遇したことはありません。

先日体調が芳しくない時があり、何年ぶりかで温泉で喝を入れてこようと思いたち、近くのその温泉に向かいました。
選んだのはもちろん後者。
前に訪れた時の感覚では、世の中の不人気さとは裏腹に、温泉が持っているパワーはこちらのほうが高いと感じたからです。

ぬるめの露天風呂にゆっくり浸かりながら目を閉じると、根のチャクラと下腹のチャクラにビンビンとエネルギーが入ってくるのが感じ取れます。
そう、温泉は、三次元で生きるために必要な根源的なパワーを人間に与えてくれるのです。
エネルギーを吸収しながら、同時に不調の原因を内観…、そんな事を2日続けて行ないましたが、おかげですっかり調子が戻りました。
地球からの恵に思いを馳せ、感謝感謝です。

世の中はゴールデンウィーク。
たまのお休みに良い温泉を見つけに出掛けるのもいいかもしれませんね。
流行っている温泉が良い泉質というわけではありません、だから面白いのですが…。

UK2011 ⑧

英国滞在も残り2日。
翌日は帰国のための移動ですので、実質的に今日が最後の1日です。
この日の最高気温は30℃弱。
季節はずれの暑さですが、私自身もこんな暑さは英国で初めての経験です。

午前中はロンドン市内で買い物などをして過ごし、午後からはSAGB (Spiritualist Association of Great Britain) を表敬訪問しました。

SAGBには昨年も立ち寄っていますが、今春に移転したため場所を探し出すのに少しだけ苦労…。
ビルを見つけだして中に入ると、 Richard が施設の内部や、協会で行なっているサービスについて色々と案内をしてくれました。

余談ですが、あるセッションルームには、シャーロックホームズシリーズの作者で、著名なスピリチュアリストでもあったコナンドイルの名前が付いているものも…。

その後のデモンストレーションの時間には、その Richard が clairvoyance をしてくれましたが、出席者全員にメッセージを届けた彼の配慮には、いたく感激しました。

私について紹介させていただきますと、一昨日のプライベートシッティングで現れたガイドが再び現れ、一昨日のメッセージを補い、またあやふやだったところをフォローしてくれるようなメッセージをいただき、納得させられたと共に念を押された感覚です。

今年の英国訪問でもたくさんの果実を得ることができたと思っております。
今後もチャンスがありましたら、ぜひ皆様をお連れしたいと願っています。

今回をもちまして今年のUKツアーのご紹介は終わりにさせていただきます。
つたない文章にお付き合いいただきましてありがとうございました。

UK2011 ⑦

英国滞在も残り3日。
ずーっとロンドンで過ごしてもよかったのですが、この日は南部の海岸まで足を伸ばして、再び自然を満喫することに。
The Long Man of Wilmington

 

 グレートブリテン島の南部は石灰質の土壌で、所々に白い岸壁を見ることができます。
その中でも特に勇壮な Seven Sisters を今日の目的地としました。

その白い土壌を利用して、人や動物型の地上絵が描かれているところがあり、Seven Sisters への途中 Wilmington の Long Man と  White Horse を見学に。

The White horse of Wilmington

作者、作られた年代や目的すら解明されていない地上絵…。

先人達の仕事ぶりに思いを馳せ、つかの間のタイムトリップを楽しみました。

そして今日の目的地 Seven Sisters へ。
指定された駐車場に車を入れ、白い岸壁を目指します。

しかし…、日本のように駐車場を降りてすぐ目的の場所にたどり着くようにはできていません。

自然保護の目的もあるのでしょうが、最寄の駐車場からでも徒歩でゆうに30分はかかります。
ちゃんと歩く楽しみをスポイルしないようにしている所が英国らしいところです。

羊が放牧されたのどかな小河沿いを歩きやっとビーチにたどり着くのですが、アプローチが長い分、到着して目の当たりにする景色は格別でした。

Seven Sisters