無条件の愛

(「自己愛、執着」からつづく)

次に、良心の実態について俯瞰してみましょう。
良心は愛と叡智に溢れ善を行うように働きかけてくると、先に述べました。
まずは愛を取り上げてみます。

私たち人間はホモ・サピエンスの体を借りているので、本能と同じく動物的な愛も初めから持ち合わせています。
動物的な愛とは、子を守り育もうとする愛、同族の仲間と調和しようとする愛、繁殖のために必要な雌雄間の愛などです。
これらの愛は同族の個体数を維持しさらに増やす働きをしますから、結果として同族を外敵から守り、ひいては自分の命を守る事に繋がります。
個体数を維持し、増加させようとする行動は本能に組み込まれているといっても良いでしょう。

これら動物にもある愛を人間に当てはめて考えると、愛情、友情、恋愛といったものになりますが、人間がこういった類いの愛しか持ち合わせていなかったとしたら、動物と人間の間には別段の違いはないことになります。

私たち人間は、動物と違って家族や同族を超越した存在である「社会、国家」を形成し、様々に違ったタイプの方々との調和を求められます。
ですから、そこで必要とされる愛は動物でも持っている本能的な愛とは質が異なります。
その愛とは、本能的な愛という言葉に対して、理性的な愛と表現したら良いでしょう。

私たち人間は心の中で対話する時、良心からの理性的な愛を感じながら対話しています。
高尚な判断をしようとすればするほど、そこには家族や同族といったような限定は存在しなくなり、見返りすらも求めようとしなくなります。
限定や見返りを求める気持ちは、エゴが行なっていることなのです。
無条件で無償であること、これが良心から流れてくる愛の本質です。

また、理性的であるということは、そこには客観的にしかも冷徹に物事を観察して判断するという要素が入ってきます。

(つづく…)

赦し

様々な人間関係の中で生かされている私達。
時には嫌な目にあったり、非難されたり、攻撃されたりすることがあります。

成長した意識体は、そのようなことがあったとしても因果律に帰して内観し、時間がかかっても最後には相手を赦すことができるものです。

さて、赦すとは何でしょう?
それはその相手と仲良くなろうとしたり、施しを与えたりするようなことではありません。
表面的にそのようなことができたとしても、意識が本当に赦していなければ赦したことにはならないのです。

人間関係上や社会上、その相手とは距離をとらざるを得なくなる場合もあるでしょう。
また我々不完全な人間である以上、その相手を嫌う感情は消せないかもしれません。
そんな状況の中においても、相手のことを思ったり考えたりしても心にさざ波が立たなくなり、相手の成長や幸せをそっと祈ることができるようになった時、やっと赦したことになるのです。

ともし火

東日本大震災から1週間が経過しました。

私の故郷の町では、ライフラインは復旧したようですが、ガソリン不足のために移動や生活サービスの提供に影響が出ているとの事。
日常を取り戻すにはもう少し時間が必要のようです。

その故郷の町で、電気も水道も復旧していない震災2日後に、大手のコンビニやスーパーが閉店していた中、地元の小さな食品スーパーがすでに営業を始めていたそうです。
おそらく独自のルートで仕入れたであろう新鮮な野菜や米なども並べられ、そのお店で働くご婦人方はテキパキと明るく仕事をされていたとのことです。

その様子を目の当たりにしたある方は、「勇気をもらった…」「ひと時災害のことを忘れることができた…」ととても感謝していらっしゃいました。

スーパーの経営者や従業員の方も同じように被災され、個人的にはそれぞれ色々な思いがあったとは思います。
しかしそれらを乗り越えて、何とか地域の方のために役に立とうという心意気が伝わってくる話でした。

このご婦人方のように、困っている方の、あるいは大変なときにこそ、その方の心のともし火になれる存在になりたいと願っています。
マッチ売りの少女がマッチの火の中にひと時の幸せを見出したように…。

家族への思いやり

自分の健康に何か問題があったら何とか克服しようと努力します。

ある意味自己責任だと割り切って、病気に向き合うこともできます。

しかし家族の健康に問題があった場合は、そう簡単に割り切ることができないものです。

人間、他人の事は上手に分析できるようにできていますから、「ここをこうしたら良くなるのに…」とつい口出しもしたくなります。

しかし家族といえども別人格ですので、それを強制することはできませんし、下手に口出しをして相手のストレスになるのも…と考えてしまいます。

やってはいけないとわかりつつ「心配」もしてしまいます。

その病気が重篤である可能性があればあるほど、家族のやりきれない気持ちも大きくなっていきます。

ある一人の病気は、本人が思っている以上に家族に影響を与えています。

まずは自分自身が健康でいる努力をしましょう。

心身共に健康を保つことは、自分自身のためになるだけでなく、家族への思いやりにもなることです。