UK2015④

四日目、ローマ最終日、夕方にはロンドンへのフライトです。
朝食後早々に身支度を済ませ、ホテルをチェックアウトすると同時に荷物を預かってもらい、ローマ市内へと出かけます。
出発までの時間は、一昨日に見られなかった所を観光しようと決めていました。

まずはバチカンのサン・ピエトロ大聖堂へ。

一昨日は入場待ちの行列がとても長くて諦めましたが、今日は午前中の早い時間ということもあってか、団体客の姿もなく10分ほどで中に入ることができました。

 

ここはローマカトリックの大本山ですので、その内部の絢爛たるや流石としか言いようがありません。
中にある博物館、ミケランジェロのピエタ像、そして数々のベルニーニの作品を満喫して、ここを後にします。

次にローマ到着の夜にホテルの女性から教えてもらった、ローマ市内が一望できるというボルゲーゼ公園へ。

 

ポポロ広場から人の流れを離れて急な坂道(というより半分登山!)を登っていくと、確かに素晴らしい景色が拡がっています。

 

スペイン広場までの道中、ショッピングにはあまり興味がない私にとって、繁華街を離れ、のんびりと景色を堪能することができるこの道は、私にはとても合っていました。
ここは私が持っていたガイドブックには載っていませんでしたので、ホテルの彼女には感謝感謝です。

カフェグレコにて

スペイン階段、トレビの泉など有名どころを見て回ると時刻は正午過ぎ。

に戻って荷物をピックアップ、テルミニ駅に向かいます。

 

ローマ市内を離れ際にちょっとした事件が…
フェウミチーノ空港へ向かうレオナルドエクスプレスに乗り込む時、係員らしい二人が一緒に乗り込んできて「チケットを確認させろ」と片言の英語で話しかけてきます。
怪しいと思った私は無視してましたが、同じ車両に乗り込んだアジア人カップルに付きまといチケットを指差しては、○○ユーロ足りないと言ってお金を請求しているようでした。
そのカップルがお金を出そうとしたちょうどその時、別の係員が来てその二人を車両から追い払っていました。

その二人はどうやらなりすまし詐欺師のようでしたので、一歩誤れば私も危ない所でした。
それにしてもその偽物係員の服装は、正規の係員のものと瓜二つ…、いったいどこで手に入れるのでしょう?
皆様も海外旅行では十分にお気をつけください。

サン・ピエトロ大聖堂

アリタリヤ航空で無事ロンドンへ到着。

ヒースロー空港の入国審査は相変わらず長蛇の列…、毎度軽く30分は待たされます。
滞在日数、滞在先、入国の目的、ついでに軽い世間話…、さすが英国人、相変わらずキッチリしています。
イタリアの入国審査は「チャオ!」だけだったのに…、お国柄があらわれますね〜。

ヒースロー空港にほど近い常宿にしているホテルにチェックインし、明日からの研修に備えます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です