UK2015⑥

明けて日曜日からは研修も本番モードに入っていきます。
朝の9時から夜の9時まで、途中に休憩と食事タイムはあるものの一日7時間半、ぎっちりとお勉強です。

クラスは三つに分けられ、それぞれの講師の下でのグループワークが基本ですが、全員でのワークショップや講義もあります。
初めて参加した年は、講師の方も手探りだったのでしょう、一日中グループワークをしていたような状態で、理論的な裏付けをしてくれる機会も少なくて少し混乱しましたし、ワークがハードで結構疲れました。
回数を重ねるごとにそういうところは改善され、今年はとても丁寧な進行でかつ理解し易いように工夫されたプログラムだったような感じを受けます。

オーガナイザーの先生は一見強面で大雑把な印象を受ける方ですが、本当の所は、見ていないようにしていてちゃんと細かいところまで心を砕いていらっしゃるのだなぁと感心しました。

私のように連続して参加されてる方もいらっしゃいますし、今年は日本で毎月お会いしている方が8名もいらっしゃたこともあって、例年になくリラックスして楽しく過ごすことができた一週間となりました。

参加された皆様、講師の皆様、カレッジのスタッフの皆様、この機会を創作していただいた方々にあらためてお礼を申し上げたいと思います。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です