UK2015⑨

濃密な日々が過ぎ、再び土曜日がやってきました。
今朝は最後の朝食をとった後に、皆さんとお別れする時がきます。
別れ際は例年記念撮影大会になるので、なかなか踏ん切りがつかないのですが、やはり出発時刻になると一抹の寂しさを感じながらも皆さんとお別れしなければなりません。
みなさんそれぞれに、それぞれの持ち場で学びを生かしていかれることでしょう。

AFCの後も英国に残ったり、近隣の国々に旅行に行かれる方もいらっしゃるようですが、私はAFC前にイタリアを満喫してきましたので、その日のうちに帰国の途に着くことにしていました。

旧知の方々と再びミニキャブでヒースロー空港を目指しますが、フライトの時間までは多少時間がありましたので、ヒースローではそれなりの高級(?)ホテルでアフタヌーンティを楽しむことにしました。
ロンドン市内の老舗ホテルでアフタヌーンティを楽しもうと思うと、日本円で 2万円以上も(あぁ円安〜!)取られますが、ここヒースローでは高級といっても4千円ほどで楽しめます。

お決まりのサンドイッチにスコーン、それに選べるスイーツ2種類、もちろん紅茶も様々な種類の中から好きなものを選べます。
せっかく英国に来たのに、最近はホテルのティールームでさえティーバッグでサーブされることが多くてがっかりしますが、ここはちゃんとリーフで抽出、ストレーナーも使って注ぐという本来の姿、気分も盛り上がります。

英国で本格的なアフタヌーンティをしたのは約20年ぶり。
あの時一緒にいた方とも今回再びご一緒できた上に、さらに今回は違うメンバーも加わっていたことに感慨もひとしおです。
とても良い思い出になりました、ありがとうございます。

アフタヌーンティを済ませここで一旦解散、同じフライトで帰る方と一緒にターミナル4へと向かいました。

約4週に渡って、今年のヨーロッパ研修(観光?)について綴ってまいりましたが、今回で一応の区切りとさせていただきたます。
拙い文章と内容にお付き合いいただきましてありがとうございました。
次回からは通常のペースに戻り、のんびり更新していこうと思いますので、時々のぞきに来ていただければ幸いです。
コメント、いいね、シェアなどしていただくととても嬉しく存じます。
今後とも当ブログをよろしくお願い致します。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です